AutoCADで直観的操作を考える

AutoCAD画面下の「ステータスバー」と呼ばれる場所に、作図モードのオン/オフを切り替えるためのボタンがあります。作図中は、直交モードがオンなのかオフなのか、Oスナップはオンなのかオフなのか、確認が必要なので、頻繁にボタンの状態を確認します。ちなみに、ボタンが明るい表示になっているときがオンです。(昔のバージョンは、オンになるとボタンが凹んだ表示になった)

IconOFF日本語は、英数字、漢字、ひらがな、カタカナと、種類が多いので、ボタン表面を文字表示にしても、とても見やすいのです。例えばスナップはカタカナ、Oスナップはアルファベットと使い分けて、メリハリがついています。
AutoCADの日本語化を担当したデザイナーの、センスの良さが伺われます。

われわれユーザーがボタンを確認するとき、「直交モード」ボタンを見て「ちょっこうもーど」と読んでいるわけではなく、「直交モード」をひとかたまりとして認識しています。一瞬で、つまり直観的にとらえているのです。
たぶん、英語版ではそうはいかないのでしょう。日本語の文字は、アイコン性を持っていると常々感じています。

ボタンの数が増えてきたので、数年前からアイコン表示になりました。これがそれです。

IconON日本語の文字表示と比べて、直観性に劣ると思いませんか?文字表示に変えられるので、私の本では従来の文字表示をオススメしていました。
ところが、新しいバージョンで追加されるボタン、例えば右の4つは、2文字か3文字のアルファベットだけの表示で、これでは何のボタンだか見当がつきません。メーカーでは日本語版AutoCADの長所が分かっていないのでしょうか?

仕方ないので、最新バージョンからは、私もアイコン表示にします。新しい私の本もそうします。

昔のAutoCADは、DIMSTYLE、LEADERなど、膨大な数のコマンドを覚えなければなりませんでした。それらはダイアログボックスにまとめられたりと、直観的操作へと進化してきたのです。
ここでまた、昔のようにボタンアイコンを覚えなければならないのでしょうか?
バージョンアップの方向を見失ってはいませんか?
使いにくい方向へ向かっていると、どうしても感じてしまうのです。

 

 

科学博物館

新館(地球館)の特別展「元素のふしぎ」を見に行ったのだが、旧館(日本館)も急ぎ足で見て回る。こちらは建物自体も美しい。壁やドーム型天井のステンドグラス、階段の踊り場にもステンドグラス。

階段のステンドグラス

ああ、カメラを持ってくればよかった。いつも忘れるんだ。仕方ないので、画質はあまり良くないが iPod touchで撮影。iPod touchだと手ぶれしやすいし、ストロボもないしね。
帰ってからMacで見てみると、やっぱりピントが合ってなくて、見せられるのはこの2枚くらい。

プレビューで明るさやコントラストを調整しています。Photoshop Elementsを使おうと思ったけれど、この程度の調整はプレビューでできてしまうところがすごい。

 

巣立ち前のツバメの子

いつも利用している駅の階段下に、ツバメが巣を作っていました。ホームから見える位置なのですが、足早に通り過ぎてしまう場所だったので、今まで気がつかなかったのです。
写真を撮ったけれどブレていたので、次の日少し早く行って、また撮影しました。

夕方には親鳥がエサを運んでいました。
もうかなり大きくなっていて、その広さで4羽は狭そうだね。狭いところで一日中、よくじっとしていられるね。
向かって一番左のキミ、羽ばたいているのを見ましたよ。
もうそろそろ巣立ちじゃないかな。
元気で巣立ってね。

【7/13 追記】
たぶん今朝、全員巣立ったようです。羽ばたいていたのは、やはり、その準備だったんだね。 昨日は大風が吹いていたので、一日待ったのかな?
元気でね。また来年、来てくれるかい?

Draft Sight _ 寸法値の移動

寸法値を移動したときに引出し線を付けるかは、寸法スタイルで設定します。
AutoCADと同じく、「プロパティ」ウィンドウで個別に設定すれば、寸法スタイルの設定と異なる表示にもできます。

移動した寸法値を元の位置に戻すには、[寸法]メニューの[文字位置合わせ]→[リセット]を選びます。
画面上の寸法を選択します。
 [Enter]キーを押せば、元の位置に戻ります。

Draft Sight _ コマンドが先か、選択が先か

移動などの編集をする場合、AutoCADと同じように、コマンドを実行する前に図形を選択しても、図形を選択してからコマンドを実行しても、どちらの方法も可能です。
また、これが可能なのは「オプション」ダイアログでの設定によるというのもAutoCADと同じです。
[ユーザープリファレンス]ボタンをクリックし、[作図オプション]→[オブジェクト選択]→[選択設定]の「コマンドの前のエンティティ選択有効」のチェックを確認します。
チェックが入っていないと、コマンド実行前の図形選択ができません。

Draft Sight _ 角度寸法

角度寸法の寸法スタイルは、ここで設定できます。
個別に表示スタイルを変更するのなら、[プロパティ]パレットで。
30°ちょうどなのに、29°59’60″と表示されていますね。
Mac版のバグみたいです。Windows版のDraft Sightなら、ちゃんと表示されます。

Draft Sight _ 印刷する

[ファイル]メニューから[印刷…]を選択します。
「ページ設定」(Draft Sightでは印刷コンフィギュレーション)を使わずに、印刷ダイアログで各種設定もできますが、今回はプルダウンメニューから[印刷コンフィギュレーションを使用]を選択します。
 印刷コンフィギュレーションを選択します。今回はA4横、尺度1:20で設定したファイルを選択します。
印刷設定が読み込まれたので、プレビュー表示が正しくなりました。[プリント]ボタンをクリックすると印刷が始まります。詳細なプレビューを見たいときは、ほかのMacアプリと同じく[PDF]ボタンをクリックして、「プレビュー」で開きます。