M1 チップMacにWindows11をインストールしました

仮想環境は10年以上「VMware fusion」を使ってきましたが、M1proプロセッサーを搭載したMacBook Proを購入したので、Parallels Desktopに変えることにしました。
Macを買うときは、スペックをできるだけ上げるのが常でしたが、今回はカスタマイズせずにヨドバシカメラで購入。注文の翌日に届きました。

M1 MacにWindowsをインストールできるのか?という不安があったので、トライアル版で試すことにしました。画面下の「無償トライアル版をダウンロード」をクリック。

ちなみに、このページの下の方に「F&Q」があります。青字の「別記事」をクリックすると、M1チップ搭載MacにWindowsをインストールする場合の情報ページが開きます。

下の方の、ダウンロードをクリックします。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、開いたウインドウの「Parallels Desktopのインストール.app」のアイコンをダブルクリックします。この大きな絵がアイコンです。

Parallels Desktopのインストールが終わると、続けてWindowsのインストール画面が開きます。
「Windowsのインストール」をクリックします。

何の問題もなく、Windows11のダウンロードが始まりました。

インストール中の画面です。

最後の仕上げ段階でしょうか。

Windows11のインストールが完了しました。

私はParallelsの新規ユーザーなので、項目を入力し「アカウントの作成…」をクリックしました。

これでWindowsのセットアップが完了です。
続けてWindowsのアクティベートをするために、「スタート」→「設定」→「システム」とクリックします。
なお、アクティベートをするにはMicrosoftアカウントが必要になります。この後の流れの中でも作れるみたいです。
Windows Updateが表示されているので、更新することにしました。

更新が終わった後の画面で、「ライセンス認証を今すぐ実行」をクリックします。

勘違いして「トラブルシューティング」をクリックしたので、エラーになりました。
一番下の「Microsoft Storeを開く」をクリックします。

Microsoftアカウントでサインインします。
ところが、このときキーボードの「@」を押すと、違う文字が入力されます。どうやらUSキーボードになってしまっているようなので、「Shiftキー」を押しながら数字の「2」を押して「@」を入力します。

この画面もよく分からなくてエラーが出ました。「現在のWindowsパスワード」のまま、「次へ」をクリックすればいいようです。

次に表示されたこの画面で支払いを済ませます。

ライセンス認証されました。

その後、どのタイミングでこのメッセージが出たのか覚えていませんが、Macのファイルにアクセスする許可を与えるために「”システム環境設定”を開く」をクリックします。

左下の鍵をクリックしてロックを解除し、Parallels Desktop.appにチェックマークを付けて、ウインドウを閉じます。

以上で終了です。Windows画面の右上に「購入」ボタンがあったので、トライアル期間が始まったばかりですが、Parallels Desktopを購入しました。
なお、Macのデスクトップにインストーラーのアイコンがマウントされたままなので、右クリックして取り出します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です