Draft Sight _ 線種設定

[線種コントロール]のプルダウンメニューから[その他]、あるいは[形式]メニューから[線種]を選択します。
線種を追加するには、[ロード]ボタンをクリックします。
 線種ファイルを切り替えるには[参照]ボタンをクリックし、線種ファイルを選択します。
線種尺度を設定するためのAutoCADの[詳細を表示]ボタンは、 Draft Sightでは[パラメータ表示]ボタンです。
AutoCADと同じように、線種尺度を設定します。

Draft Sight _ 寸法スタイル

[形式]メニューから[寸法スタイル]を選択すると、やはり[オプション]ダイアログが開きます。ここで[名前変更]ボタンでスタイル名を変更できます。
 AutoCADの[寸法線]タブでの設定
AutoCADの[シンボルと矢印]タブでの設定
AutoCADの[寸法値]タブでの設定
AutoCADの[フィット]タブでの設定
AutoCADの[基本単位]タブでの設定

Draft Sight _ 文字記入

AutoCADには文字記入のコマンドが2つあります。
1行単位で記入する text[文字記入](バージョンによっては[ダイナミック文字])と
テキストボックスを作って、その中に記入する mtext[マルチテキスト]です。

Draft Sightはそれぞれ[簡易注釈]と[注釈]コマンドがそれに相当します。

では[簡易注釈]コマンドを実行します。
文字記入のダイアログが開くので、使用する文字スタイルをはじめ、すべてここで設定できます。
[グラフィックス領域内で選択]にチェックを入れておくと、記入位置を画面上で指定できます。
[OK]ボタンをクリックして、文字を配置します。AutoCADより、ずっと使いやすいですね。
AutoCADの text[文字記入 ]コマンドの短縮形「DT」を入力すると、AutoCADと同じく、コマンドラインで操作する形式になります。この場合、日本語入力ができないようです。

Draft Sight _ 文字が???と表示されてしまう

文字スタイルに登録してあるフォントがインストールされていないと、このような表示になります。
この時は、文字スタイルのフォント設定を変更しましょう。
[形式]メニューから[文字スタイル]を選択し、フォントを変更します。
変更した文字スタイルで書かれた文字の表示が更新されました。
フォントを変更した場合、文字のデザインによっては、レイアウトが変わってしまうので注意が必要です。

Draft Sight _ 文字スタイルを作る

[形式]メニューから[文字スタイル]を選択します。
[新規… ]ボタンをクリックすると、スタイル名の入力ダイアログが出るので、新しい文字スタイル名を入力します。
割り当てるフォントを選択します。[高さ]はAutoCADと同じく「0」にしておきます。[適用]または[OK]ボタンをクリックすると文字スタイルが登録されます。
文字スタイル名の先頭に矢印が付いて「⇒タイトル」のように表示されていれば、次に記入する文字に、このスタイルが適用されます。矢印を付けるには「アクティブ化」ボタンをクリックします。

Draft Sight _ 国産のフォントをインストールしよう

ようやくMacやWindowsといったプラットフォームを問わないCADを私たちは手にする事ができました。ここで問題になるのは、日本語フォントです。それぞれのパソコンに、同じフォントがインストールされていないと、文字を同じように表示できません。
IPAフォントという国産のフォントをご存知でしょうか?「独立行政法人 情報処理推進機構」というところで開発され、無償で配布されているフォントです。MacにもWindowsにもLinuxにもインストールできるTrueTypeフォントで、文字のデザインも悪くありません。
こんなにいい仕事もしているのだから、もっと宣伝すればいいのに。

ホームページはこちらです。
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)

トップページで「IPAフォント」をクリックします。
画面をスクロールし、ライセンス条項を確認したら、一番下の「同意する」ボタンをクリックします。
ダウンロードページでは、「IPAexフォント」の2書体パックと、「IPAフォント」の「TTFファイル」4書体パックをダウンロードしましょう。
ダウンロードしたファイルを解凍し、TTFファイルをダブルクリックします。
するとFontBookというアプリが起動し、文字の見本が表示されます。右下の「フォントをインストール」ボタンをクリックするとインストールされます。

金環日食

半年以上前から日食グラスを買って、楽しみにしていた金環日食!
少し雲が多かったけれど、見れて良かった。 月が動いて太陽を隠しているんだと思いながら見ると、ロマンが広がりました。

何か写真を残したいと思いましたが、金環状の太陽を写しても、今では簡単に合成で作れてしまうんですよね。そこで、木漏れ日をと考えていましたが、やっぱりちゃんと準備をしておかないと、うまくいきませんね。
結局、玄関先で厚紙を手にして写してみました。
たぶん、ピントが合ってないと思う。練習しておくべきでした。
日食グラスでも見たけれど、太陽を背にしている時間のほうが長かったかもしれないです。
これは麦わら帽子の編み目から、太陽を投影した写真。

Draft Sight _ ページ設定済みのAutoCADファイルを開く

AutoCADでページ設定を済ませたファイルをDraft Sightで開いてみます。ページ設定がきちんと読み込まれたかが、知りたいところです。
Windows版のDraft Sightで[ファイル]メニューの[印刷]を実行したのが下図です。
プリンターを仮想プリンターに設定していたので、Draft Sightには同じプリンターがありません。そこでインストールされているプリンターに置き換えられ、用紙サイズも適当に割り当てられています。(元のファイルは、A4に設定してありました。)
あと、印刷尺度の長さの単位がインチになってしまいましたね。これでは正しい尺度で印刷できないので、直す必要があります。

同じファイルをMac版のDraft Sightで開き、[ファイル]メニューの[印刷]を実行したのが下図です。印刷オプションを見たいので、[詳細を表示]ボタンをクリックしましょう。
やはりプリンターが変更されているので、用紙サイズの設定が必要です。

そのほかの印刷オプションは、プルダウンメニューから選択できます。それぞれの画像は掲載しませんが、正確に読み込めているようです。

Draft Sight _ ページ設定

今日から文体を変えます。

AutoCADは、作図空間の印刷範囲と、印刷尺度で図面の尺度が決まるため、印刷の前にたくさんの設定があります。また、同じ設定を何度もしなくてすむように、印刷時の設定を「ページ設定」として保存し、複数の図面ファイルから参照できる仕組みがあります。
AutoCADは図面ファイルの中に、CADデータの一部として「ページ設定」を保存しますが、Draft Sightは「ページ設定」を「印刷コンフィギュレーション」と呼び、図面ファイルとは別のファイルとして保存します。

では、用紙サイズA4横で、図面の尺度が1:20の印刷設定を作りましょう。

[ファイル]メニューから[印刷設定マネージャー]をクリックします。
[新規…]ボタンをクリックします。
ベースにする印刷設定を聞かれるので、「デフォルト」を選び[OK]をクリックします。
ファイル名を付けます。どんな設定内容なのかが分かる名前にしましょう。[保存]をクリックします。
AutoCADとほとんど同じダイアログが開くので、ページ設定を行います。印刷範囲の「窓」に相当するのが[指定]です。
ダイアログ左下の[その他のオプション…]ボタンをクリックします。
ここで開くダイアログで「印刷スタイルテーブル」を選択します。黒で印刷するのなら「monochtome.ctb」を選び、[OK]ボタンをクリックします。
 印刷コンフィギュレーションファイルが出来ました。[アクティブ化]ボタンをクリックすると、今開いている図面ファイルと、これから作る図面ファイルに適用されます。
ここではアクティブ化しないで、[閉じる]をクリックします。
 印刷コンフィギュレーションファイルは、「ライブラリ」フォルダの深い場所に保存されます。不用になったときは、ここで削除します。

Draft Sight _ 距離計測などの数値の精度

距離や角度を測ったとに表示される数値の精度は、[形式]メニューの[単位系…]で設定する。やはり開くのは[オプション]ダイアログ。
その下の[尺度単位]は 「Millimeters」に設定しよう。これはブロックという部品を挿入するときに必要になる設定だ。