Draft Sight _ 線幅の既定値、画面表示

ステータスバーに「線の太さ」ボタンがない。ほとんど使わないボタンだからなっとく。
[形式]メニューの[線幅…]で開くのは[オプション]ダイアログだ。ここでデフォルトの線幅を設定できる。
画面表示にも線幅を持たせるには、「グラフィック領域で太さを表示」にチェックを入れる。AutoCADと同じく、画面表示の太さは太めか細めかの目安にすぎない。

Draft Sight _ 「選択」のオプション設定

画面の何もないところで右クリックし、[オプション]を選択。
左側の[ユーザー プリファレンス]ボタンをクリックし、[オブジェクト選択]を展開する。
[選択設定]の[選択ボックスサイズ]は十字カーソルの交点、ポインタ先端のボックスサイズだ。 私は少し大きくした。そのほかの設定項目は、AutoCADと同じ動きになるようになっているので、変更する必要はない。
ダイアログボックスの下の方には、選択中の図形に表示されるグリップの設定がある。ここも初期設定のままでよい。

Draft Sight _ Oスナップ(エンティティ スナップ)

AutoCADのOスナップをDraft Sight は「エンティティ スナップ」という。エンティティは実体のあるモノを言うそうだから、呼称としてはこちらの方が適しているのかもしれない。

自動スナップさせる点の設定は、ステータスバーの[エンティティ スナップ]ボタン上で右クリックし、[設定]を選択。この操作はAutoCADと同じ。開かれるダイアログは「オプション」ダイアログだ。
「終点」は「端点」だと分かるが、「ノード」はAutoCADの「点」のこと、「補助線」は「延長」延長した交点も取れる。「正接」は「接点」、「垂直交差」は3D空間での「仮想交点」。

このダイアログの下の方を見ていく。「表示」の中の「ポインタキュー」を展開すると、Oスナップマーカーの色とサイズを設定できる。(色は「システムオプション」の「表示」でも設定できた)
 さらにその下の「重力ボックス」を展開する。AutoCADは初期設定で非表示になっているので、私はチェックをはずした。サイズも少し大きく設定し直した。非表示にしていても、カーソルの周りにこのサイズのボックスがあり、ボックスが触れた図形にスナップ点が現れるという仕組みだ。
一時Oスナップは、AutoCADではShiftキーかCtrlキーを押しながら右クリックしてメニューを出すが、 Draft Sightは(Mac版だけかもしれないが)Ctrlキーには対応していないようだ。

Draft Sight _ デフォルト値を使って作図する

上のコマンドラインは、circle[円]コマンドで半径250の円を作図し、もう一度[円]コマンドを実行し、中心を指定したところだ。
デフォルト値の表示方法がAutoCADとは異なるが、ここでEnterキーだけを押せば、半径はデフォルト値の250が採用されて、円が作図される。

Draft Sight _ 指定した角度にスナップ(極トラッキング)

AutoCADはLINE[線分]コマンドなどで、「次の点」と聞かれたときに「<30」と角度だけを入力してEnterキーを押すと、カーソルの動きが指定した角度(この例では30度)に固定されるが、Draft Sightにはこの機能はないようだ。

AutoCADの[極]ボタンに相当するのが[円形状]ボタンだ。スナップさせる角度は、ボタン上で右クリックし[設定]を選択して設定する。
表示されるダイアログは「オプション」ダイアログだ。ここで「円形状ガイド表示」にチェックを入れる。
[円形状]ボタンのオン/オフは、AutoCADと同じく[F10] キーでできる。指定した角度にカーソルが近づくと、トラッキングベクトルが表示される。
トラッキングベクトルの色は、「オプション」ダイアログで設定した「リファレンス ガイド」の色だ。

Draft Sight _ 上書き保存のファイルタイプ

画面の何もないところで右クリックし、[オプション]を選択。
左側の[システムオプション]ボタンをクリックし、[開く/名前を付けて保存]を展開する。
ファイルを上書き保存すると、ここの設定で保存されるので、異なる形式、バージョンで保存したいときは、[名前を付けて保存]で保存する。

Draft Sight _ テンプレートなしで新規作成

AutoCADと同じく、新規作成のときにテンプレートの選択画面になる。テンプレートなしで始めたいときは、[オープンモード]を「テンプレートを使用せずに開く」にして[開く]ボタンをクリックする。